大谷常緑のプロフィール

大谷プロフィール写真

恋愛や夫婦などのパートナーシップを始め、対人関係や家族の問題、自己変革のプロセス、ビジネスや転職などあらゆるジャンルを得意とする。
どんなご相談にも全力投球で臨み、分かりやすく優しい語り口で多くのお客さまを虜にしている。
理論と感覚を併せ持ち、豊富な社会経験をベースとした面倒見の良い“お兄さん(おじさん?)”カウンセラーである。
日本心理学会認定心理士。

大谷常緑のブログはこちら>>>

大谷常緑の音源一覧

(2014/10/4 心理学入門講座@福岡)

日々の生活の中で私たちは意識的に、あるいは無意識的に多くの選択をしています。
その選択の積み重ねが現在の状況を作り出しています。
もし、人生が思い通りにうまく進んでいないとしたら、何かを選択するときの考え方やパターンに問題があるのかも知れません。
講座では、選択の力やよりよい選択をするための方法を実習を交えながら学んでいきます。

※こちらの商品はダウンロードしたファイルを解凍していただきますと2つの音声ファイルに分割されています。
(1)27:01 (2)30:11

時間:57:12 ¥540(税込)
(2014/5/10 心理学入門講座@福岡)

私たちは好むと好まざるとに関わらず、無意識の影響を強く受けて日常生活を送っています。
しかし、無意識の事を余り理解していないのではないでしょうか?
無意識の2巨頭フロイトとユングを起点として、無意識とはどのようなものか、どのような影響を私たちに与えているか、どうすれば無意識の力を望む方向に引き出せるのかをお話しし、実習を交えて学んでいきます。

※こちらの商品はダウンロードしたファイルを解凍していただきますと2つの音声ファイルに分割されています。
(1)26:48 (2)29:04

時間:55:52 ¥540(税込)
(2014/4/12 心理学入門講座@福岡)

考えても結論が出ないことを考えて人は悩み、心配し、深刻になっていきます。
考える癖はどうして身についたか、なぜ考えるのか、どうしたら考える癖を止められるのかについて実習を交えて学んでいきます。

※こちらの商品はダウンロードしたファイルを解凍していただきますと2つの音声ファイルに分割されています。
(1)24:45 (2)23:53

時間:48:38 ¥540(税込)
(2014/3/30福岡感謝祭より)

“認知”とは、私たちの感覚器官 (視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚、その他)から入ってくる情報を脳で認識し、
情報処理した結果の事です。

例えば、誰かが「あなたは優秀だね」と言ったとすると、
Aさんは「ほめてくれてありがとう」とそれを認識しますが、
Bさんは「またおだてて何かやらせようと思ってるでしょ」と全く別の認識をすることもありますね。

同じ状況で、同じことを言われても、その人が持っている心の痛みや経験、クセなどが脳の認識の仕方を変えるのです。
心のフィルターを通して物事を見たり感じたりする「投影」ですね。

ほめてくれた人がどんな気持ちで褒めたのか、事実がどうであったかは別にして、
私たちは感覚器官から入ってくる情報を脳で処理してその結果を受け取るので、
私たちの“認知”は情報処理した結果なのです。

“メタ認知”とは、私たちが“認知”していることを“認知する”ものです。

例えば、「“私はあの人から褒められて、前にうまく利用されたことがあるので、またうまく利用されるのではないかと怖れている”事を認知している」といったもので、
客観的に自分を見るものです。

このメタ認知を使うと、感情に左右されて思わぬ行動に出てしまう事や、
無理をして仕事を引き受ける事などトラブルの元になるような出来事にも
冷静に対応することができます。

それは、感情を感じないようにする事でもなく、
また、感情を押し殺すことでもありません。
あくまで、状況を的確に捉え、冷静に対処しようとするものなのです。

メタ認知力は、練習で身につけたりアップすることができます。
メタ認知能力を用いると、自分が置かれている状況が改善したり、人との関係性が改善したり、業務効率が改善したり、ビジネスが上手くいったりという事が起こってきます。

今回の講演では、メタ認知とは何か、メタ認知力が向上するとなぜ状況や関係性が改善するのか、メタ認知力を身につけたりアップするにはどうすればいいのか、というお話を例を用いてわかりやすくお話しさせていただきます。

 

講演中にでてくるミュラー・リヤー(Muller-Lyer)の錯視

ミュラー・リヤーの錯視の図

時間:27:08 ¥540(税込)
(2012/11/23福岡感謝祭より)

『諦める理由>やりたいこと=出来ない』
わたし達の心には、こんな方程式があるのです。

私たちの意識は、今頭でわかる顕在意識と、頭でいくら考えてもわからない無意識とに分けられます。
そして、その90%以上をも占めるのが無意識だと言われています。
私たちが何かしようと考えてもうまく行動に移せなかったり、行動に移せてもなかなかうまく進まないのは、この「無意識」が強大な力で「そうはさせじ」と邪魔をしているからなのです。私たちは無意識に支配されていると言っても過言ではないのです。
しかし、この強大な力を持つ無意識を逆に私たちの味方につける事ができたら、どうなるでしょうか?
そう、私たちが顕在意識で「こうなりたい」とか「こうしたい」という思いや願いに対して、無意識が持つその強大な力で加勢してくれるのです。
これは、100人力、鬼に金棒ですね。
そして、願いや思いが叶う可能性もグ~ンとアップできるのです。
では、どうすれば無意識を私たちの味方につけることができるのでしょうか?
講演では、まず無意識とはどのようなものか、無意識がどのように私たちと関わっているのかをお話しします。そして、無意識を味方につけるにはどのようにすればいいのかの具体的な方法をお話しします。

時間:29:15 ¥540(税込)