心理学講座ダウンロードサービスきくまる!まずは、無料音源をお試しください!

TEL 06-6190-5611
受付: (12:00~20:30 月曜定休)
みずがきひろみの『あなたの笑顔の価値を知っていますか?』
講師 みずがきひろみ
サンプル 試聴する
価格 864円(税込)

*以下のクレジットカードをご使用いただけます。
お支払方法について>>

講座説明 最近、よく考えることがあります。
それは、「シンデレラは、王子さまに迎えられてお城に入ってからどう生きたのだろうか?」ということ。
あの娘時代に、掃除、洗濯に明け暮れ、母親やお姉さんたちの顔色をうかがいながらびくびくしていたときのように、お城の中でも、王様やお妃さま、王子さまはもとより、お付きの家来に対してもおどおどしていたとしたら、お城の生活も、あまり楽しくないのではないでしょうか。この物語が、女性にとって夢であるゆえんは、一夜にして、生活が一変するところのはず。
王子さまに迎えられたとたん、究極の日蔭者がスポットライトを浴びて、考え得る最高の幸せを手にする。 地位のある人に愛される(本当に力があるかどうかは未知だが、、、)。貧しい生活から豊かな生活へとジャンプする。 こき使われるような「犠牲」的な生活から、付き人にかしづかれる「受け取る」側の生活になる。
いくら本人が「王子さまといっしょになりたい」と願ったとしても、そんな大きな変化にどうついていったのでしょう?
実家にいたときは、「犠牲」的で、やりたくてやっていたわけではない家事も、「やらなくていい。全て人があなたのためにやってあげます」と言われ、はじめのうちこそ、「やったぁ!」と思ったかもしれないけれど、そのうちに自分は「してもらうばかりでいいのか」と不安にならなかったのでしょうか?やってもらうばかりの「私」は、力がなくて「無価値」だ、と思いはしなかったのでしょうか? 否、私に「やってもらう」資格があるのだろうか、みんなイヤイヤやっているのではないかと疑心暗鬼に陥らなかったのでしょうか? ついつい反射的にトイレ掃除をして、使用人の仕事をとってしまう、なんてことはなかったのでしょうか?
老婆心ながら、すごく気になるのです。 だって、「愛されたい」と願いながら、いざ「愛される」と、今度は「まさか、そんなはずはない。何かの間違いではないか」と不安になることってすごく多いから。
「愛される」ことに慣れていないと、いざ「愛」が目の前に来ても、「はい、ありがとう」と言って、すぐさま「愛されています」モードになれる人って少ないのではないかしら。
もし、シンデレラが、「王子さまと一度でいいから舞踏会でいっしょに踊りたい」と願い、その願いがわずかな時間だけ許された一夜の夢で終わったのであれば、「よかったね、夢がかなって。さあ、今日もまた頑張って働こう」でいいのですが、いいことを受け取れるときというのは、次から次へといいことが入ってくるものです。夢が勝手にその先へと駆け上がっていったとき、シンデレラが、「まぁ、なんてラッキー。これからは、私はめいいっぱい愛されて生きます」と生きる姿勢を一夜にして変えられたのであるとすれば、それこそがミラクルのように思います。
私たちは、みんな大好きな人に愛されたくて、いろんな努力をします。そんな健気なあなたを「かわいい」と思って見てくれる人もたくさんいるでしょう。でも王子さまは、おそらくシンデレラにお城でも頑張ってコマネズミのように働いて欲しいと思ったわけではないでしょう。シンデレラの笑顔が見られれば、それでハッピーだったのではないかと思うのです。
自分の無価値感の殻に閉じこもっていることに気づかず、彼の真心を受け取れずにいる、なんてことはありませんか? もっと簡単に彼とつながることができるかもしれない。お城に入ったあとの幸せをつくる、「姫修行」は、自分の無価値感を癒す旅でもあります。
今回は、そんな「姫修行」のエピソードを盛り込んだ講演です。
収録時間 20:53
講座分類 東京感謝祭
開催日時 2011/11/3
商品コード fe00600002
販売開始日 2015/5/20(再販)

*Cloud Paymentの決済代行サービスを使用しています。決済情報はSSLで暗号化され、安全性を確保しております。またCloud Payment社のSSL証明書はベリサインにて発行されております。

↑ PAGE TOP